急な葬儀で焦らない│しっかりとした所に任せる

男性

きちんと見送る

葬式

大事な家族が亡くなったとき、葬式を執り行い最後の別れを告げます。その時、故人の意向があればそれに沿って行なうようにしましょう。いまは生前に故人が自分で葬式の段取りなど全て決めている生前予約というものもあります。もしくは生前予約はしていないけれど、遺書に葬式に関する希望が書かれているケースもあります。どの場合においても、故人を見送るためにしっかりと行なっていきましょう。いまは葬式といっても様々な形が用意されています。火葬のみの火葬式や、多くの人が見送る一般的な一般葬、また家族のみで見送る家族葬などが用意されています。さらに近年では、少し変わった葬式の形もあるので、家族や葬儀社の人と相談しながら進めていきましょう。

葬式の流れとして、まずは電話などで信頼出来る葬儀社へ連絡します。そこから病院で亡くなった場合には、そこから葬儀社が自宅まで搬送してくれることがあります。故人を寝かせる布団など以外は葬儀社が用意してくれることがほとんどです。そしてそこから実際の式とそれを行なう場所を相談していきます。細かく内容が決まり契約となれば、納棺やお通夜、告別式や火葬などの流れとなります。葬式が初めてでも、葬儀社の人が丁寧に対応してくれるため、安心して任せることが出来ます。現在葬儀社の中には24時間電話対応しているところもあるので、急な場合でも対応をしてもらえます。ただ地域ごとに対応エリアが異なることもあるため、電話をする前に対応しているのかどうかをチェックしましょう。